本文へスキップ

氣(エネルギー)は、本来、誰でも日常で普通に感じているモノです。

氣光塾誕生の持論の原点

氣光塾誕生のきっかけは伝授に疑問を感じてきた事だった

活動報告写真

実は、筆者は、いくつか伝授をという儀式を受けてきました。

しかし、子供の頃から感じていた氣の感じ方が大きく変ると言うことがなかったのですね。
そして、オーラなどをほやほや触られている感じがしていただけで、どこから言っているエネルギーが来ているのか全く解りませんでした。

伝授って・・・なんだろう?その疑問だけが悶悶と残っておりました。

氣の民族、日本人

日本人は元々が氣の民族でもあります。
ですから、日本人なら誰でも感じている[氣(エネルギー)]をある程度自由に扱う事は、実は物凄く難しいことではないんです。

でも、不思議に思う方もきっとおりますよね?
何故、日本の古典には[気功]は出てこないのに、日本人を[氣]の民族というか?

それは、私達の言葉には[気](氣)のつく言葉がとても多いんです

我々日本人は、それをあまりにも当たり前に感じ過ぎていて、何か特別な物だとは思わなかったので文献には残さなかった。と考える方が自然な流れです。

元気、活気、眠気、空気、食い気、気合い等・・・・
氣(エネルギー)というものを後生に伝えるのに、それを文献ではなく言葉というものに残してきたのです。

今でも、日常に誰もが普通に使う言葉として立派に残っておりますし、私たちもそれを感じてその言葉を使います。


また、華道や茶道、武道というものは、それを通じて氣を感じて扱う人として、生きる道の教えです

他にもジャンルは違っても、氣(エネルギー)が解らないと成り立たない古くからの教え等も沢山あります。

神社やお寺が沢山あるのは、多くは土地の氣(エネルギー)を観てそれを活かすためや利用するために創られたり建てられてきたものです。

そのように、様々に細かく氣(エネルギー)の感じ方、扱い方が別れて、人の道の教えや、匠の技として、様々な名前がつけられていたり、多くの作品で残されております。

それだけ、日本人は普通に氣(エネルギー)を繊細に感じる感性が本来元々備わっているのです

日本語に微妙なニュアンスのある言葉があるのは、白黒だけでは説明のつかない世界がある事を知っているからであり、そのことを伝えるためではないでしょうか?


「気をつかえ」なんてその場その時の空気を読んで立ち回る風習のあるのも日本独特のものではないでしょうか?


よく、外国人のかたには、その微妙な感覚のニュアンスが伝わりにくいと言います。

普段使う言葉や文化に残されていない為、そのような事を感じて言葉として使う必要がなかったためではないでしょうか?

考え方の方向で、イエスとノーをハッキリする事が良いとされていることも影響しているかもしれませんが、曖昧でもよくよく探るとどちらかでしかありませんから、そこをハッキリさせたい文化が根本にあるのかもしれませんね。

また、世界中でこれだけ四季(気)をしっかり感じ分けられる国は他にどの国があるのでしょう?
その季節の風情を感じながら、四季折々、季節の移り変わりの氣(エネルギー)を楽しむ風習があるのも日本だけです。

そんな風に本来、日本人はみんな氣(エネルギー)に敏感です。

第六感というのも、何かしらの氣(エネルギー)をキャッチしているものです。

日本だけを例に挙げましたが、時代と共に人類の文化文明の発達とは相反して、氣(エネルギー)を感じることや扱う事を次第に忘れてきてしまったので、変に物凄く特別なものと考えてしまったり、悩んだり諦めてしまう方が多いのも無理もありません。

妙な誇大表現をする人によって、より胡散臭いモノにしてきた背景も様々な理解を拗らせていることもあって、そういった多くの方の体験など聞いたり、目の当たりにしてきました。


そんな中で、実際に、氣(エネルギー)を感じて扱う事が出来るようになるには、ちょっとしたコツを掴無だけで感じる事が出来、実は殆どの方が自分で感覚を磨く事が出来る。というところにたどり着きました。

氣(エネルギー)の感覚を得る事で、日常に様々に活かしやすくなり、使うほどに感覚や感性が開いていきます。

多くの伝授やアチューメントと言われているモノのテキストには、まず初期段階に自分の浄化やクリーニングを重きにおいていることをご存じの方はどのくらいおりますでしょうか?

伝授の本来の姿は方法論であり技法の口伝

活動報告写真

実は、霊気というものも〇〇エネルギーと名前の付いているものも、紐解いていくと、その基本には気功の教えがあります。

なので、どのやり方でないといけないと硬く考えるのではなく、氣(エネルギー)感じることで、そういった教えを、より感覚で理解しやすいようにしていただけたらと思い氣光塾としました。。

どのような方にもきっと役立ってくれるでしょう。


これが氣(エネルギー)だという感覚をつかむと今まで感じられなかった、又は、感じにくかった氣(エネルギー)を、より身近に、しかもいつもの普通の事だったことが、よりリアルにわかります。

また、気功や霊気などのエネルギーと呼ばれるモノに対して感じていた疑問や誤解等が解けてくると思います。

氣(エネルギー)に対する、今までのイメージや思い込みの印象が変わったり、各個人のそれぞれ違う方向性が観えてくるかもしれません。

もしかすると、スピリチュアルに拘らなくなるかもしれません。

個人個人の元々の資質で、どんな能力が、どのタイミングで、自分の方向性に気付いて行くのか正直わかりません。

ですから、自分の得意な感性に気付くことで可能性は人の数だけ存在することになります。

ここでは「感じられるようになる」としかいいません。

それは、自分自身気への付きと赦し、そして、自ら癒すことが一番の目的であり、能力開花については、あなたの神性のみぞ知るところにあるからです。

なので、美味しそうな、きらびやかな、いかにも凄そうなこと何はも言いません。

しかし、きっと、本来持っている自分自身への気付きを促すきっかけとなります。

氣(エネルギー)をもっと身近に感じられるようになると、そこから、可能性が広がるかもしれませんし、何も変わらないかもしれません。

そのことは、氣(エネルギー)に対して、強い思い込みや憧れが強すぎれば納得はできないかもしれません。

誰か凄そうな有名どころに諭されて、これは間違えと言われるかもしれません。

しかし、ここでは、氣(エネルギー)に対して持っている、憧れや思い込みの、想念や観念を手放すことを最も重要視しております。

何故なら、本来自由である人間を決めつける思い込みは、未知なる可能性を遠ざけ、どんな正しいと言われているものでも、その理解の方向を狂わせるからです。