本文へスキップ

氣(エネルギー)は、本来、誰でも日常で普通に感じているモノです。

この世界を構成している氣は光のフリーエネルギー

心の力、生きる力、輝く力、Life force energy。

Life force energy

宇宙と大地(星)があって光があって水が有り初めて人間を含めた生物が存在出来ています。

宇宙が生まれ、星が生まれ、気の遠くなるような時代を経て
地球が出来上がり、そして、生物が生まれそして、人間が生まれてきた。

この地球は物質世界では在りますが、既に光の在っての光の波動の世界です。

私たち人間も、オーラやプラーナといった目には見えにくい光の波動で出来ています。

それは、生きる私たちには常にあるもので有り、元気に生きる力の源にもなっております。

そして、ここの思考や心の在り方でいつも様々に変化し続けているエネルギーです。

その光のエネルギーをLife force energyと呼ぶことにしました。

宇宙の氣をフリーエネルギーと呼んでいるのは

誰かから、許可を得なければ、伝授されなければ扱かっちゃいけないモノではない。
そういう意味で、誰でもいつでも自分の為に使っていいモノです。

そして、誰でも本来は感じながら生きているのに、わさわさ、氣を感じているとは考えられない事から、あたかもそれを感じる事が偉く素晴らしいことであり、選ばれた人だけに与えられたモノのような表現になって、一部においておかしな世界になっているスピリチュアル業界。

今一度、観えにくいエネルギーについて培ってきたノウハウや方法論などを一端手放して、シンプルな本来のある姿を感じて頂きたいと考え2012年に発足したのが霊氣光@FEでした。、

氣観えにくいエネルギーを扱いたいなら何より先に知っておりたいこと

人間とは。多くの人が忙しさのあまりに自分の事しか頭に無い。

権力で同じ人間を支配しようとしたり、この地球の宝までをも、一部の人間で所有、支配したかのように振る舞い大自然を壊し、それを成しとげる為の駒として同じ人間を支配する。

その為に、なのか真意はわかりませんが、洗脳に近い教育を信じたまま、自分の意識を眠らせて縛っている事がある。

それらが、子供の頃から受けてきた大人達の教えから学び、心や感情のブロックと言われている根っこや種になっているモノなのです。

考え方の方向もそうです。

それは、例えスピリチュアルな世界なんて言ってても、例外なくもれなくそのブロックに縛られたままの凄い人も確かに存在すると言うことです。

なので、何でも鵜呑み丸呑みしないで、自分の頭でしっかり考える事と心の柔軟性はとても重要な鍵となっています。

それは、自分を赦せているかどうかにかかっています。

観えにくい存在と繋がったり観えるからと言って必ず素晴らしい人とは限らない

観えにくいエネルギーを扱える事で
偉い事、凄い事と自ら賞賛し、そして、あたかもその氣を授けられたモノだけが、簡単に魔法のような事が出来るようになり幸せになる等の勘違いを起こしやすい、微妙なニュアンスで伝えているところも少なくない。

氣(エネルギー)を扱う事に資格や証明書、誰かの許可が必要と勘違いさせてしまうような変なものも少なくない。

本当に必要なのは、資格でもなければ証明書でもない。

心のあり方と心からの思いやりの姿勢である。

自分の資質や向いている事を知り受け入れる

氣(エネルギー)の感覚を文字や言葉のみで伝えるには、伝え手側と受け取り側、どちらも言葉という個々の想念を交えたやり取りになるので限界があり誤解を生みやすいモノでもあるけれど・・・。

氣(エネルギー)は決して人に授ける与えることは出来ないんです。

自分で氣(エネルギー)を感じて、ヒーリングが出来る、チャネリングが出来るリーディングが出来るようになる。
という事は決して間違えではないが、必ずしも自分が希望している方向へ才能が開花するかどうか?
というのは、本人の資質によるものであって、自分以外の人間が決たり許可を与えることではないのではないだろうか?なんてよく思う事がある。

ただ、ある程度どこまで出来ているか?
という事を見定めていただける機会があることは大変ありがたい事です。

両方在ることを知っておいてください

あまりにも、観え難いモノを自在に扱いたい願望があれば、そこにある自分の心の隙間に取り入ろうとして近づく人も存在するのも事実で、それを餌にパワハラやセクハラまがいな事をするのもいます。

そういったお話を伺うと、スピリチュアルという世界は、光の強い分、案外、普通に現実的社会の会社に勤めているより、影の部分はより陰湿であったり、卑怯であったり、中には精神的な崩壊まで追い込まれる人もいたりするのでかなり性質が悪いんではないかと思います。

それじゃ、どんなに覚醒したとか悟ったとか神に選ばれたとか自己申告していても、別に現実社会の中の組織での好ましくないお偉いさんやお局さん等と何ら変わりはない。ということです。

で、都合が悪いと見えない世界のせいにしたり「キミは未熟だからその素晴らしさが解らないんだよ。」
それって、本当にスピリチュアルでしょうか…?




また、巷で言われているような気功やレイキと言われるもののように
氣(エネルギー)を扱えるようになるには
それ相応に練習や自己啓発が必要で、1日やそこらで直ぐにでも全てを理解しきれるような事には成りえないものです。

ただし、氣(エネルギー)というものは本来誰でもなんかしら日常で感じているものであって、普通に言葉に出して使っております。
当たり前すぎているのと、氣(エネルギー)を使えることは、巷で注目されているオーラや霊を観れることのパフォーマンスの事ばかりと思っているから、自分にはそんな力が無いと思い込んでもいる・・・。

そして、それを、ものすごく特別で選ばれし者だけが扱えるようになれる…
そういうものと思っている方も少なくありません。

素晴らしい人に憧れることは悪い事ではありませんけれど
ここで誤解がどこそことなく生まれてくる原因として
エゴ(不安から生まれた欲)が求めがちなものは
美味しそうな餌(罠)にある三次元的な餌と自ら気がつかないで求めてしまっているため。
何かしらの恐れを大事に握り締めている事を自分にごまかしている感情の中に居る時は
中々、自分が餌の方を求めてしまっていることに気がつけないからなのではないかとも思う。

魂の本質の求めているものは、自分の本質に気がつくこと。

すでに閉鎖しました霊氣功@FEというものを発足して思ったことは
むやみやたらと、自分以外の人の氣(エネルギー)ポイントやラインは弄らない方がいいという確信。

人間というのは、自分も含め、どんな人でも何か愚かさを持ち合わせている。
故に、無意識にでもどんなことをしてしまうのか?
というのは、実は相当内観して相当な自己解決をなされていなければ
どんなものを一緒に手渡してしまうか?氣(エネルギー)コードを繋げては吸い取っているか?
という事までは本人にでさえ解らないので、責任なんて取れません。

また、そんな歓迎できないモノを寄せてしまうのは自分の心の在り方や想念、観念にも原因がありますが
そこと、能力は関係ないくらいに思っていたりもするのですから
これまた、おかしなことになってきます。

そういった伝授系のもののテキストをよく読んでいるとわかりますが
先ずは自分を癒し、そして、自分を幸せにしてあげる(自己解決できる力)
という事が目的であり、初めから他者を癒し幸せにしてあげることが目的ではないんですね。

それでも、人を癒す事が悪いということではなく
先ずは自分が癒されそして幸せに生きているかどうか?

それらを、常に自分自身に問いかけ、自分に対して包み隠さず素直で在れる
ということを求められているのだと思うのです。
だからって我儘にふるまえっていう事でもありません。

不安や寂しさをこじらせると、
多くは、金銭欲、物欲、色欲、支配欲、異常な承認欲求や自己顕示欲に
又は極度の依存心という形になって現れます。
自分の力に酔いしれただけの自分勝手な優しさや親切や常識。

しかし、また、そんなような悪いと言われている存在を淘汰しようとしている正義の味方がいる以上は
戦いは終わらない・・・というスパイラルは何も世界のどこかで起きているモノではなく
実は常に自分自身の中に起こっています。

その多くは、今の世の中の教育であって流れで古から伝わって来たものです。
それが間違えているのではなく、その心が伝わっておらず形ばかりに拘るところから
どこかバランスを崩しているように思えてなりません。

しかし、それが無くなってしまうと困ると思い込んでいる不安を抱えているのも
またそれも人間の性質なのでしょうけれど・・・。

そんな世の中の矛盾は実は自分の中に存在するものでもあります。

そこを解決出来ている人というのは周りを観てどのくらいいるのでしょう?

解決出来ていないことが悪なのではなく
そこから目を背けている自分自身の心を素直に認めることが先ず先です。

そして、常に学ぶ心。

学ぶといっても、学ぶことは取り入れる事ではなく手放していく事です。
多くの方が思っている沢山、自分自身に取り入れる学びが、良いという考えとは逆です。

人の数だけ無限に可能性があります。

誰でも新しい発見者になれる可能性も秘めていることも
何らかの恐れから目を背けていては発展は生まれない。

天と地を繋いでいるのが命。

個々それぞれがその命の代表です。

人任せに人のせいにするのではなく、それぞれに、その命の代表である事の自覚を持つ責任はあるように思うのです。



自分自身の意識を広め深める

多くの心の傷は、多くの人は乗り越えて解決したはずの過去の物…

という風な意識である人も多いでしょう。


しかし、ほとんどマイナスと呼ばれている氣(エネルギー)というのは
自分の過去の経験から学習して、そして、身を守るために発動しております。
それが、自分のどこから生まれてきているのか?

と向き合うことは決して楽々楽チンで…

というわけではありませんし、必ず行わなければならない事でもありません。

しかし、自分の繰り返す嫌な思いというのは何故現れるか?

というと、実は、魂の範囲では
もう、手放す準備が整ってるから癒してあげてくださいね、気が付いて下さいね、というサインでもあります。

スルッと行く事もありますし、時間がかかることもあります。
一度憶えてしまった恐れを回避する方法を手放すことが中々できない。
でも、それが絶対に悪い事という事ではありません。

それは、その方法が自分にとって一番安全で正しい方法だと最善策だと信じているから…
そんなに必死な思いは悪でしょうか…?
誰かに迷惑をかけるとか誰かから迷惑をこうむるなどというものとはまた別のところの視点です。

もし、そんなように自分が描いている夢に向かう行動が
この世界を生きるための行動と矛盾をしていて、そのことに無意識にいることは
言わば寝たままに寝言を言っている夢遊病や自動反応しているだけのようなものであり
自分の目的意識が何処をフォーカスしているか気が付かないとしたら…?
意識が希薄になっているということすらもよく解らない。ということでもあるのです。
いまに居ない。という事です。

で、その状態で、人の氣(エネルギー)体を触るということや
氣(エネルギー)上の関わりを持つということはいかに安易で無責任な行為であるか?
考えたらゾッとしてしまいますね。

顕在意識も潜在意識も全て自分自身の心の氣(エネルギー)であるということ。
思考や心も氣(エネルギー)であるという事。
氣(エネルギー)でないものなどこの世の中に存在していないという事。

そして、大自然と私たちは元々は同じ元素から出来ているという事。

それが組み合わさって、何らかの宇宙の意志という氣(エネルギー)が働いた元で違うものになっていたりするという事。

神に選ばれていない存在等はこの世界に存在しない。

地球という氣(エネルギー)。

それは私たちそのもの。

それは宇宙のそのものの氣(エネルギー)でもあります。

自分の魂の乗り物でもあるこの肉体で何を体験したくて選んで生まれてきましたか?