本文へスキップ

氣(エネルギー)は、本来、誰でも日常で普通に感じているモノです。

フリーエネルギー

フリーエネルギー

活動報告写真

宇宙の氣(エネルギー)とは、この世界を構成している全てであり、誰でも宇宙の氣(エネルギー)そのものです。

しかし、目に見えない部分の氣(エネルギー)は、感じていないと思い込んでいれば実感は得にくく、幻想だの幻だのファンタジーだのという事になります。

しかし、本来、どんな方でもある程度は感じていて、日ごろから言葉に普通に出していたりします。

あまりにも普通すぎて、これが氣(エネルギー)を感じている事なのか??????
と、思ってしまうほどに極普通にです・・・。

どんなエネルギー伝授でも、自己鍛錬として、自己ヒーリングやチャクラのクリーニング等を推奨してはおります
が、その際、自分の氣(エネルギー)すら感じることすら出来なくて(出来なくなって)、つまづいていると思い込んでいたり自分には感じる才能が無いと思い込んでいたりしますが、実際には感じてないのではなく、感じている自信がなくなっているから・・・という方向のほうの人が多いとおもいます。

あなたは、空気中の酸素を吸っているのよ!!!
でも、このことは学校で習って多くの人が知り得ているから、本当に酸素を吸えてるんだろうか?
どうやって酸素を吸っているのだろうか?酸素を吸う方法は?その呼吸をする方法は極意は?
なんてあまり疑っている人はいないと思うのですが、氣(エネルギー)に関しても同じですね。
ただ、この分野は、学校で習う事ではありませんし、感じ方やその表現の正解は人の数だけあるのですから・・・。

感じる感性

活動報告写真

氣(エネルギー)感じられる実感の無いまま、強いあこがれや特別感等を持ちすぎていると、ただの妄想の世界に入り込んでしまう危険性も否めません。

妄想も、その人にとっては現実の世界であり、否定はしませんが、事実と頭の中の創造の区別のつかない思い込みが激しければ、実生活で支障をきたすのは明白です。グランディングやセンタリングが大事と言われているのは其の為です。

それは、瞑想などでイメージで行う事を否定はしませんが、結局それだけに偏れば、氣(エネルギー)は上に上がりっぱなしになり、ふわふわと浮いてしまいます。
グランディングもセンタリングも、出来るならイメージだけでなく実際に身体を動かして行う方法をお勧めします。
何故なら、現代人は、頭先行に偏りがちだからです。

そして、氣(エネルギー)に対して持っているイメージや思い込みの観念を手放す事もグランディングやセンタリングにもつながります。何故なら、悪というものは、善よりも善の存在のフリが大変上手く匠なので、そういったあこがれや思い込みの欲している欲をよく知っているので、初めはなかなか気が付きにくいのです。
これは、氣(エネルギー)に関してだけに限らず、生きる全般において通じる事です。

そこに魅入られていることに気付かずふわふわキラキラしていると、気が付いた時には相当厄介な事になる場合もあります。念を送り込んだり、エネルギーコードをくっつけたり、頭から抑え込むような氣(エネルギー)を被せられていることに気が付かなかったりして体調を崩すことも時にあります。
ましてや、送信主は無自覚な方もいますが、確信犯でやっている方もいるのには相当あきれてしまいますが、きちんと自分自身の氣(エネルギー)を感じて扱う基盤、氣(エネルギー)に対する思い込みを手放していれば、そういった輩に付け入る隙を与えないので、ある程度は回避もできるのです。

知っていただきたいことは、宇宙の氣(エネルギー)というのは、この世界を構成しているモノです。
物凄い特別なモノではありませんし、本来だれかの許可の必要なモノではありません。
その資質を決めるのは、自分自身でしかないからです。

そして、誰のものでも独占出来るものでもないのです。ですからそれを扱うには、時代と共に閉じたり詰まらせてしまったり忘れてしまった回路を本来の状態に開き、常に日常で感じていることを自分に認めていく事で感じる感性はそれだけでも開いてきます。

無理に感じようとする必要はありません。先ずは自分の言葉を意識して注意深く過ごしてみてください。驚くほど氣(エネルギー)を感じていることがわかりますよ。

また、ヒーリングやチャネリング等という事に拘らない事も大事です。
それを行いたい自分の本心がどこにあるのかわからないうちは、そこに特化して拘ることで、自分の得意な使い方と違う場合に逆に自信を失うこともあるからです。

なんでもいいです。
先ずは、音楽や、絵画などからその氣(エネルギー)を感じてみてください
そして、感じたことを、是非表現してください。それは、人に対してでなくてもいいです。
日記などに、言葉にして書いてみてください。普段、どんなエネルギーをどれほど普通に感じていたのか、驚くほど自分が見えてくると思います。

どんなエネルギーの使い方が自分にとって合っているのか?というのは、自分自身が元気になったり、身体が軽く感じられる事の分野やジャンルに行くといいですよ。

その人の氣(エネルギー)が何によって活き活き輝きだすのか?どうかというのは人によって千差万別なのです

氣(エネルギー)を感じる事や扱う事とは

活動報告写真

氣(エネルギー)を扱う事というと、ヒーリングやチャネリング、浄化や除霊などが出来るようになること等と思いがちです。
決して間違えではありません。しかし、そこだけではありません。

そして、ヒーリングというものは、ちょっとしたコツで、特別にエネルギー伝授の儀式を受けていなくても、修了証が無くても、身内へくらいなら、誰でもすぐに出来るようになります。

ジュースの味を変えるのも、人間生きていれば誰でも何かしらの波動が出ているので、その時の背景や個々で、程度の差はあれど、誰でも味を変えることは出来てしまいます。
オラクル引きは誰でも出来る、チャネリングの一種ですし、いずれも、その先に進むのは、氣(エネルギー)の資質やその他の才能との一致等であり、基本のテクニックのコツと応用であり、そこに向かう自分自身に対して、正直で素直な心、決意の視点の方向がその仕事の質を創るのです。

霊に関しても、影響を受けないという自分設定で影響を受けなくなります。それには、やはり、様々な恐れや悲しみ等を癒し、そこに付け入ってくるものが入り込む隙が思考や心になければ影響を受けにくいのです。

そういうことから、氣(エネルギー)に関して、自分の思考や心の癖、観念や想念というところとは決して無関係ではないのです。

ですので、自分自身の問題をなんでもかんでも霊のせいや過去生のせい、というのも霊にしてみたら迷惑な話です。

どんな悪いと言われているモノでも、自分ありきなのですから。

氣(エネルギー)という事をだいぶオープンに出来る時代となって来ていますが、未だ、言ったもん勝ちみたいになっているこの世界で幅を利かせている人のいう事を鵜呑みにせずに、先ずは、自分はどう感じるのか知るところから始めましょう。